045-823-5515

東戸塚はまゆめ内科

東戸塚はまゆめ内科

JR東戸塚駅 東口より徒歩3分

045-823-5515
ネット予約はこちらから

禁煙外来

タバコの依存作用について

タバコの依存作用

喫煙は生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症)による動脈硬化症の進行を促進し、心筋梗塞、脳卒中のリスクを高めます。最悪の場合、喫煙が原因で肺気腫、慢性閉塞性肺疾患や肺癌など、命に関わる重症な病気にかかってしまうこともあります。
喫煙が及ぼす害が認識され、禁煙を試みる方は多くいらっしゃいますが、独力で禁煙に成功される方はわずかです。

禁煙が難しいと考えられているのは、仕事の合間や食後、考え事や執筆、議論の時などに、どうしてもタバコがなくては落ち着かないと感じる精神的依存。ニコチンの血中濃度が下がると、猛烈に欲しくなってしまう肉体的依存(ニコチン依存症)。以上の2つの依存が密接に絡み合っているからだと言われています。
このため、意思の力だけでは、なかなかやめることができません。

  • 禁煙を何回もしているが、途中で断念してしまう
  • ストレスでタバコの量が増えてしまう
  • 口さみしいと感じ、タバコを吸ってしまう
  • タバコを吸うことが習慣になっている

上記のようなお悩みをお持ちの方はもちろん、禁煙にご興味がある方はお気軽にご相談ください。

当院では、ニコチンが脳神経に作用するのを止めて中毒症状を緩和する内服薬や生活指導を含めた禁煙のお手伝いをしております。

健康保険等で受けられる禁煙治療

禁煙治療は、2006年から健康保険等が適用され、患者様の負担も軽くなりました。
禁煙治療を健康保険等で受けるためには一定の要件※があり、1回目の診察で医師が確認することになっています。 なお、要件を満たさない場合でも、自費診療で禁煙治療を受けることもできます。

健康保険等で禁煙治療を受けるための要件

  1. ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上
  2. 1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上
    例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります。
  3. すぐに禁煙をしたいと考えていること
  4. 医師から受けた禁煙治療の説明に同意、説明内容に納得されたときは、文書で同意します(サイン等)。

健康保険等による禁煙治療のスケジュール

標準的な禁煙治療のスケジュールは、12週間(約3カ月)にわたり合計5回の診察が行われます。診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。

一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質であり、禁煙を始めることにより、この値が低下します。数値で改善されていくことが励みとなる患者様も多いようです。

また禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。