045-823-5515

東戸塚はまゆめ内科

東戸塚はまゆめ内科

JR東戸塚駅 東口より徒歩3分

045-823-5515
ネット予約はこちらから

花粉症

花粉症について

花粉症

毎年、関東地方では2月~5月までスギ花粉が飛散します。花粉の量は多い年・少ない年がありますが、くしゃみ。鼻水。鼻づまり・目のかゆみなどが主な症状です。

抗アレルギー剤を服用された方もいらっしゃると思いますが、症状が出る前に花粉が飛散を開始する頃から服用を始められると、より効果的とされています。

当クリニックでも、早期の抗アレルギー剤の服用をお勧めしています。
当クリニックでは、診察のうえ、患者さまに合った治療法をご提案させていただきますので、お気軽に相談ください。

花粉症の検査・治療

花粉症をはじめとするアレルギー性鼻炎は、治療を始める前にアレルギーの原因を特定することで症状を起こりにくくすることが可能です。
アレルギー検査では、問診とともに、血液検査によってアレルゲン(アレルギー症状を引き起こしている原因物質)を特定します。そうした上で治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)および薬物療法を中心に進めていきます。

治療法には、主に以下のような方法があります。

内服薬

花粉の飛散が開始する2週間前(症状の出る前)から飲み始めます。症状が現れてから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻みず、くしゃみ症状が強いタイプの人には効果的です。

鼻スプレー

花粉症治療の効果が高く、副作用が少ないため、鼻づまりなどの症状が強い人では、内服薬に併用して局所スプレーを用います。

点眼薬

目のかゆみや充血など症状の強い方に併用して用います。